お茶室#12・・・シンプルスタイル

釜蛭釘です。天井から茶瓶を吊るすアレです。
一般的には

「裏千家は下座向き、表千家は客付き」

と言われています。

こちらのSh邸では「裏千家」ということなので
点前座から引っ掛けやすいような向きに付いています。

実は4畳半の茶室では天井中央あたりにこの釜蛭釘が取り付くので、
照明器具の選定にちょっと難アリでした。

しかし今回はあまり様式にとらわれないという方針だったので、
思い切って「ダウンライト+シナ天井」を採用してみました。

和室の要素を省いていった数奇屋や茶室建築を
さらに間引いた面構成だけのシンプルな空間・・・

『キレイめ茶室』

的な感じになりましたが、
実は「なんちゃって」部分もありつつ
比較的コスパの高いお茶室になりました。

設計・デザインに関するご相談、ご依頼は・・・
有限会社 室設計事務所
MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE
〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生1-12-1
093-871-2566 info@muro-design.com