お茶室#13・・・石垣張

床の間の対角線側に「茶道口」と「躙口」があります。
躙口は普段の出入りもあるので、少し<一般仕様>になっていますが
お茶会においても特に問題は無いようです。

そして、横の障子の方が「茶道口」
障子の向こうには水屋が設置してあります。

障子の向こう側は窓があり、
お庭からいつも明るい自然光が入ってきます。

外側から照らされる障子に何かおもしろい仕掛けができないか・・・
ということで今回採用したのが、

『石垣張り』

中桟の割りとリャンコに和紙を1枚ずつ貼っていくと
ちょうど和紙の貼り合わせ(のりしろ)部分と桟が
きれいな格子をかたどります。
光が差し込むとのりしろ部分が浮き出て
とてもきれいです。

「透かし」だけをきれいにみせるため、
和紙は模様のないプレーンなものを使っています。

設計・デザインに関するご相談、ご依頼は・・・
有限会社 室設計事務所
MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE
〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生1-12-1
093-871-2566 info@muro-design.com