イングランド代表『マデリンベル』ムジレイラ#129


トーナメント初戦
「ベルギーよりイングランドのほうが・・・」
結局どちらもベスト4
あの頃がなつかしい
#マデリンベル

Madeline Bell
Doin’ Things
PHILIPS/UK 1968
『アメリカ本国で1枚、ソロ作を発表していたマデリンが、イギリスに渡ってから作った最初のアルバム。
この後、ブルー·ミンクや数多くのセッション活動を経て、73年に『カミン·アッチャ」、そして76年に屈指の名作『ジス イズ·ワン ガール」を発表している·ソングライティングを彼女と共同で手がけているのはジョン·ポール·ジョーンズ。他は、
モッドでグルーヴィーなポップR&B作品だ。
彼女は、ゴスペルをルーツに持ちつつも幅広い歌唱法を駆使できるシンガーだが、本作はそんな彼女のミラクル·ヴォイスが堪能できる。モッド チューンでの迫力ヴォイスとは対照的に、ボサ ノヴァやバカラック·ナンバーを意識したドリーミーなポップ·ナンバーでは朗朗とした歌声を披露している。』(BRISABRASILEIRA)

ppf01

設計デザインに関するご依頼は・・・
有限会社 室設計事務所
MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE
〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生1-12-1
TEL093-871-2566 FAX093-871-2578
http://muro-design.com info@muro-design.com