ブルーノ・レストア#05

ate173

やっとのことで見つけましたコチラ、

GRKの『カンチ台座フロントキャリア』です。

カゴの装着を思いたってからこっち、
思い描くものがブレまくったり
取り付けに制限があったりなどで
なかなかコレ!というものがみつからず・・・

ate194

ミニベロの気に入ってるところは
なんといっても重心の低い短足感
バランス的にはココの空いたスペースに
カゴを持っていきたかったので
カンチブレーキと股の中心の3点で留める
このキャリアが最適でした。

ハブのところやハンドルなんかで固定するタイプだと
カゴが上ズリすぎて、せっかくの短足感がダイナシ!

ate174

で、さっそく取り付けてみることに。
いつもそうなんですが、こういった後付パーツってのは
なかなか付属のボルトでまかなえないもんなんですね。
いつも長さが足りなかったりするので
ホームセンター通いがかかせません。
でも、実はそれが楽しかったりもするんですけど・・・

股のところはボルト長が足りなかったので、
さっそく新調したもので取り付けることに。
カンチのワイヤーと標準よりも太くなったタイヤとの
干渉をなんとかかわしブラケットを装着。

ate175

台座部分はカンチブレーキをいったんはずし、
ボルトとの間に挟み込むように足を取り付けます。
このキャリア、20インチも26インチも取り付け可能とうたってあったので、
おそらく大きいほうにあわせて作られているようで、
こころもちミニベロには足が長いような気がしました。
しかし取り付けは難なく完了。

ate176

ブラケットには調整穴があるものの、足の長さとの関係で
20インチの場合はこの位置でしか取り付けはできないようです。
意外とスチールのねばりで調整できるかなぁと思ってたんですが
実はまったくビクともしない頑丈なつくりでした。

ate177

ということで、こんな感じに装着完了です。
もうちょっとポストに近づけたかったんですが
この位置だとちょっと前すぎてハンドルが振られる可能性がありますね。
ま、調整がきかなかったので仕方なしとしましょう。

さて、いよいよ次はカゴの取り付けです。
自転車用のカゴだとおもしろくないので
ちょっと他から調達しようかと思案中。
いったいどうなることやら、ブルーノレストア・・・

ate178

設計・デザインに関するご相談、ご依頼は・・・
有限会社 室設計事務所
MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE
〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生1-12-1
093-871-2566 info@muro-design.com