ブルーノ・レストア#07

ate195

コチラ、購入直後のデフォルト仕様「ブルーノミニベロ」です。
なつかしい・・・
こうしてみると現在とはかなりかけ離れた姿をしてますね。

今回のレストアですが、このフロントカゴの設置をもって、
一旦はひと段落ですかね。

ate185

塗装を終えたプライウッドのBOXです。

フロントキャリアのフレーム位置を確認し
取り付ける位置を裏面にトレースしました。
固定部分は底が2ヶ所、背面1ヶ所の
『3点支持』
しっかりとボルトで固定していきます。

ate186

こちらはホームセンターで調達してきたボルトとプレート。
キャリアのフレーム径が6mm程度なので
木板の厚みと沈みこみも考慮して24mmの長めのボルトを選択。

プレートはフレームを挟み込む感じになるので、
強度のあるステンレス製のものを購入してきました。

ate187

プレート一ヶ所あたり、4本のボルトを脳天から差し込み
下からしっかりとナットで締め込みます。

木の柔軟性もあって、けっこうしっかりと締め付けができました。

ate188

そして、こちらはZ型のプレート
今回いちばん取り付け方に悩んだところですが、
どこに使ったかというとコチラ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ate189

普通のカゴはだいたいが逆円錐台のかたちなので
フロントキャリアの背面もこうなりますよね・・・
直角のカゴとはかなりの角度がついていました。

そこで採用したのがこのプレート。
フレームとカゴの隙間をこんな感じで解消してみました。
鋼材のしなりも効いてバッチリ固定できました。

ate190

そんなこんなで、こんな感じに仕上がりました。
重心が低く保てて、全体のバランスも思ってたようにうまくいった感じです。

おそらく引き出しっぽく使うこのボックス・・・
取っ手になる穴のあいた部分もこんな感じでゴムヒモを通すと
荷物押えになったります。

ate191

カゴの底板が木板になっているのは最近よく見かけますが、
全部が木でできているのはあんまりないですよね。

オリジナルな感じが出せて、思い通りの仕上がりになりました。

・・・ちょっと狙いすぎ感も否めないかな。

ate192

設計・デザインに関するご相談、ご依頼は・・・
有限会社 室設計事務所
MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE
〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生1-12-1
093-871-2566 info@muro-design.com