ベースコンクリート打設

このジョウゴのようなモノ・・・『ホッパー』いいます。

前日に住宅保証の配筋検査をクリアし、いよいよ本日ベースのコンクリートを打つこととなりました。ミキサー車が到着、コンクリート品質検査を行い打設開始です。ポンプ圧送を使う方法もありますが、住宅など量が少ない場合はこちらの方が経済的なんだそうです。

周囲の基礎底盤の深い部分から打ち、そののちに中心のスラブ部分に順々に進めていっているようです。9月とはいえ、まだまだ気温は高いので、固まるまえに早く作業を進めなければ・・・均しも丁寧にかつすばやく!

平屋建てなので、見付け面積が通常の住宅よりも大きい・・・コンクリートの量も倍近くなってしまいましたが、無事ベースの打設は完了いたしました。