介助の効率性

要介護度にもよりますが、ほとんどの入居者はお風呂にはいるには介助が必要なようです。限られた空間での効率性を考慮して一人用の浴槽に両側から介助できるようなレイアウトとなりました。また、浴槽はしっかり浸かれる深めのもので、ズリ落ちないように中に手すりが付いたものを採用。また、移乗から入るため、浴槽高さにあわせた移乗台を浴室の奥側に設置することになりました。しかし、実際はスタッフさんたちがいろいろな工夫をして使いやすいお風呂になっていくんだと思います。