厠(かわや)を改修してみた。

丸3日かけてオフィスのトイレを新しくしました。
いまどきないだろっていう和便器のトイレを
洋便器に変える改修です。

ついでに壁の仕上げを漆喰系の塗料でペイント。
強アルカリの防カビ消臭効果を期待です。
#トイレ改修
#漆喰壁
#ドイツ本漆喰
#プラネットジャパン
#北九州リフォーム
#住宅設計


まずは和便器撤去!!
バカ打ちしたコンクリートを
ハツリまくってもらいました。
床をフラットにするため
段差をすべて取り除きます。

これがドイツしっくいの塗料。
プラネットジャパンさんのクイック&イージー
名前のとおり素人でも手早く塗れそうな塗料です。

プラネットジャパンhttp://www.planetjapan.co.jp/index.html

実はこの塗料、
「回遊する家」の壁に使おうかと画策中で
自らの自力施工でフィードバックしようかと。


壁のタイル貼りも撤去し
4mmベニヤを貼りました。
これで壁の下地は完了。
本来であれば塗装下地に
専用のクロスを貼るところですが
今回は時間短縮のため省いてます。


塗料の缶を開封しました。
原料と水分が分離して入ってるので
これを撹拌棒(ひしゃく)でひらすらマゼマゼ。
ここも本来なら攪拌器を使うべきですけどね。
これがけっこうな力仕事です。


窓枠などをマスキングして1回目の塗り。
細部は刷毛塗り、面はローラーで。
クロスがない分、多少のりが悪い感じです。
すこしアクのようなものが出て来ました。
ここは工程を省いた影響ですね。

実はここからがかなり大変!!
なかなか塗装のノリが悪く
下地がなかなか消えてくれません。
2日にわたって5回の重ね塗りで
なんとか下地の色が消えてくれました。
塗り終わったら精根尽き果てるほどの疲労感
職人さんのすごさがひしひし実感しました。

塗り終えて、ちょっと物足りなさを感じ
壁の余白に細工を施して見ました。
「トイレットペーパー差し」
下地がベニヤなんでどこにでも取り付け可能。
最後にミニカウンターを取り付け
工事完了。

しっくい壁はさわってもそれほど指につくことなく
これはひと安心。
手洗いの水ハネが心配なんで
モザイクでも貼ろうかな。