小倉都心部容積率緩和



小倉都心部では狭い道路幅員のため
高さもそうですが容積が乗らずに
開発がなかなか進んできませんでした。
H29年3月に
「法52条2項の容積緩和区域」の指定が施行されています。
前面道路幅員に乗ずる係数が「0.6」から「0.8」へ変更

区域は
北側はJR線路から南は小文字通りまで
東側は砂津川から西側は紫川まで
幹線道路以外の12m未満の道路が対象となっている模様。

この計画案は変更前で
幅員4m×0.6なので基準600%のところが
240%までしか建てられませんでした。
変更後はこれが320%となります。
あと1層分は乗りそうですが
なんせ4m幅員では道路斜線がきついので
この場合は天空率の出番ですかね。

ppf01

設計デザインに関するご依頼は・・・
有限会社 室設計事務所
MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE
〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生1-12-1
TEL093-871-2566 FAX093-871-2578
http://muro-design.com info@muro-design.com