段差をどう使うか?|スキップフロアの家F

fuj013

リビングとダイニングのフロア段差は80cm。
床の高さは違えど、全部つながっているので一体的な空間になります。

いろんな高さから部屋を見渡せるので
けっこう面白い空間になりそう・・・

ここは段差の壁を利用したTVの設置スペース。↓↓↓↓↓↓
普通は壁を背に置きますが、段差があるからこその中央配置です。

リビング側からあえてダイニング側を見ることになって
家族それぞれの居場所をなにげなく意識できます。

fuj014

下の階の低い部分は、駐車場と収納スペース
低くても天井高1.8mはとれているのでウォークインも可能です。
駐車場も2.2mはあるので十分な高さになってます。

fuj015

設計・デザインに関するご相談、ご依頼は・・・
有限会社 室設計事務所
MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE
〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生1-12-1
TEL093-871-2566 FAX093-871-2578
http://muro-design.com info@muro-design.com