神棚入魂式

なんとも珍しい神棚入魂式に参列しました。はじめての経験です。
コンパクトな祭壇だったので、床に座っての玉串奉奠だったのですが・・・

「皆様、さすがに作法をご存知でいらっしゃって・・・」

式の終わりに神主さんが感心されたのは、全員が座布団を足で踏まなかったこと。手前に立ってひざで座布団にのるのが良いんだそうです。もちろんそんなこととはつゆ知らずたまたまの偶然だったのですが、一同ひと安心。

さらに勉強になったのは、座布団にも向きがあるということ。座布団には3方向に縫い目がありますが、縫い目のない一辺を神棚などの正面に向けるとの事。上がその縫い目のない面で、下が反対側の縫い目のある面です。
ほんと、いろんな作法があるもんなんですね・・・