自主中間検査|麺工房TNP


北九州市の中間検査対象は

『建築物における新築、増築又は改築に係る部分が次に掲げる構造、用途又は規模となるもの
(1)主要構造部(屋根及び階段を除く)の全部又は一部を木造とした建築物で、住宅(兼用住宅、共同住宅及び長屋を含む)の用途に供する部分の床面積が 50平方メートルを超えるもの。
(2)地階を除く階数が3以上の建築物で、かつ延べ面積が500平方メートルを超えるもの。
(3)地階を除く階数が2以下の建築物で、かつ延べ面積が1,000平方メートルを  超えるもの。』

今回は木造で50平方メートルを超えるものの用途ではじかれるので中間検査は対象外となってます。

ということで自主中間検査を行ってきました。

屋根は3寸とけっこうな勾配がついてますがこれは
店舗ということで看板用に大きな壁面が
必要となるためです。

外壁の防水シートはアルミ層を含んだ
「遮熱・透湿・防水シート」を採用。
一般品と比較して2.5倍ほどの価格。
しかし単価が安いのでトータルでは
2万円程度のアップとさほど問題はなさそう。

仕組みとしては
外壁から発せられる輻射熱を
アルミ層が遮るとのこと。
内部の熱も同じ理屈で逃がさないとか。
どれほどの効果がでるのか期待大。

客席部分は屋根勾配を利用した天井の高い空間。
化粧の梁を表しにした木を多用した内装となります。
麺工房としてはあまり見られない面白い空間になりそうです。

ppf01

設計デザインに関するご依頼は・・・
有限会社 室設計事務所
MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE
〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生1-12-1
TEL093-871-2566 FAX093-871-2578
http://muro-design.com info@muro-design.com