風船バレー兼用

天井の高い空間は、照明の位置に気をつけたいですね。
LEDといっても切れないわけではないので、
手の届かない場所に付けてしまうと、
かなり怖い思いの球替えを強いられます。

普段良く使う照明の高さは
できるだけ3m程度まででとどめています。
そうすれば1m程の脚立を使えば手が届く範囲です。
この空中のライティングレール照明は
梁から吊るすことで3m以内に納めることが出来ました。
この高さなら、別の使い方もできるかも・・・。

角材に直接レールを取り付けているように見えますが、
実は下地はスチールの角パイプです。
梁の上からボルトで固定されています。
角パイプのサイズとレールの巾が若干違ったため、
苦肉の策で、化粧の木板を貼ってみたのですが、
結果、全体の統一感が出てなかなか良かったのでは・・・

壁からのスポット、空中のライティングレール、壁を照らした反射光と
いろんなタイプの光で空間が照らされます。
また、今回はライトの光色もパターン別で計画。
一度に全部点灯してしまうとチグハクになりますが、
いつもと違った雰囲気のリビングを楽しめるようになっています。

詳しくはまた次回ご紹介したいと思います。

設計・デザインに関するご相談、ご依頼は・・・
有限会社 室設計事務所
MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE
〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生1-12-1
093-871-2566 info@muro-design.com