北九州の室設計事務所の作品 RCの寺院

北九州の建築家 室設計事務所ホーム 北九州の室設計事務所ブログ

 

 

 

 

■S-temple 建築概要

□敷地概要

・場所    :福岡県北九州市
・敷地面積 :750.33㎡
・用途地域 :市街化区域・商業地域
・建蔽率   :80%
・容積率   :400%
・防火地域 :防火地域
・前面道路幅員:4.0m

□工事概要
・工事種別   :新築
・建築面積   :485.96 ㎡
・延べ床面積 :1102.70 ㎡
・構造/規模 :RC造 地上3階
・最高の高さ  :16.6 m
・軒の高さ   :14.6 m
・基礎仕様  :鉄筋コンクリート造独立基礎
         鋼管杭工法

□主な仕上
・屋根:いぶし瓦葺き
・外壁:化粧コンクリート打放し
・内装:床 /本畳敷き・ビニル床タイル
    壁 / じゅらく塗・クロス貼
    天井/格天井・不燃練付合板

■JR戸畑駅の南口から「中本町商店街」方向に5分ほど歩いた所にある寺社「真宗寺」は、地元の多くの檀家さんに支えられた、古くからの由緒あるお寺です。もともとの本堂は木造建築で、100年を超える歴史ある建物でしたが、本堂の老朽化や駅前の利便性による納骨壇増設の要望に伴い、本堂と納骨堂を併設した新しい本堂に生まれ変わりました。

駅前の密集した地域性や防火地域指定のため、木造での本堂再建はあきらめ、その代わり納骨堂を併設した鉄筋コンクリート3階建ての建物となりました。工事の面では御本尊や納骨壇の移動から本堂の解体、そして狭い前面道路からの杭工事や打設、さらには複雑な接合部分のとりあい等、なかなかの困難を極め、約1年にわたって慎重に進められました。

外観は従前の本堂の面影を残すため、寺社建築独特な軒裏や仕口などの納めをコンクリートの造形で表現し、また大きな瓦屋根を残しつつ全体ボリュームを抑えるため小屋裏空間を利用するなどデザイン面でもさまざまな工夫が施されました。また、木に変わる材料としてコンクリートの素地を全面に使いできるだけ自然材料の素材感を残すデザインを目指しました。

古くからお寺は地域コミュニティーの中心として地元の人々に利用されてきましたが、ここ最近では若い世代のお寺離れも耳にするようになりました。しかし、これからも延々と受け継がれていく施設であることは間違いありません。これからもっと人の集まりやすく、また利用しやすい場所になるために新しい工夫が必要になってくるのかもしれませんね。

 

 

 

      北九州の建築家 室設計事務所ホーム 北九州の室設計事務所ブログ

 

有限会社 室設計事務所
[ MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE ]

〒804-0062 福岡県北九州市戸畑区浅生1-12-1
tel093-871-2566 fax093-871-2578

Copyright(c) 2013 muro-design All Rights Reserved

住宅をはじめ、施設、医療、店舗など建築全般の設計監理を行っています。(有)室設計事務所[MURO ARCHITECTS DESIGN OFFICE]は福岡・北九州で活動する一級建築士事務所です。